労働時間とは



労働基準法で言う労働時間とは「使用者または監督者の下で労働に服する時間」を言います。

労働時間については、労働基準法第32条1号により“使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間にについて40時間を超えて、労働させてはならない”
“使用者は、1週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き1日について8時間を超えて、労働させてはならない”としています。
つまり週40時間、1日8時間を法廷労働時間と定めてあり、これを超えて働かせてはならないことになっています。
しかし会社の事業形態によっては、画一的な労働時間体制では、事業の運営が成り立たない場合も発生します。これでは労働者の側にとっても決してよい結果にはなりません。

そこで労働基準法では以下のような例外を設けています。




第32条の2号
協定あるいは就業規則などにより、1ヶ月以内の一定期間(例えば4週間)の平均が法廷労働時間を越えない場合は、特定の週または日において法廷労働時間を超えることが出来る。
第32条の3号始業及び終業の時刻を労働者にゆだねる場合。
第32条の4号書面協定により対象期間を1年以内での平均が、法廷労働時間を越えない場合は、特定の週または日において法廷労働時間を超えることが出来る。
第32条の5号日ごとの業務に著しい繁閑の差が生じることが多く、予測することが困難な場合。

大まかにはこのように定められており、労働者側と使用者との協定などにより、労働時を効率的に活用できる規定となっています。


posted by 労働基準法 at 19:21 | 労働基準法での労働時間
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。