休日について

休日は労働基準法第35条1項により「少なくとも週1回の休みを与えなければならない」と定められているだけで、毎週決まった日を休みとする定めはありません。

労働基準法の中では、“週給2日あるいは○曜日を休日にする”といったような具体的な指定はありませんが、第32条でも規定してあるように「週40時間、1日8時間以内」とされているため、単純に計算しても1日8時間働けば5日で40時間となるわけですので、実質的には週休2日制を指しているといえます。

また、曜日についても多くの人が土・日曜日の休日を希望されると思いますが、企業の業種が多様化する中では、交代制や平日での休日指定といったように、様々な形態があります。
よくハローワークの求人情報にも記載してありますが、「休日は国民の祝日及び土・日曜日」などのように、多くの会社では就業規則に休日にする曜日(大半が日曜日)を決めています。
これが労働契約上の休日となりますので、使用者はこれを勝手に変更することは出来ません。

同じく同35条2項には1項の適用除外規定が定められています。
「4週間を通じ4日以上の休日を与える」場合については、週1回の考え方から除外され適用されておらず、特に業種などの指定もされていません。
休日については、どの週あるいはどの曜日といったように、具体的に就業規則などで定めておく必要が無いことになっています。4週4日以上さえ守られていればよいことになります。

この場合4週間起算日は明確にすることが必要となります。起算日が定かでない場合は、何を基準に4週4日以上を判断しいよいのかが分かりません。また32条の労働時間の考え方は前提となりますので、単純にこの条項により4週4日の休日でよいとはなりません。
そんなことをすると、週40時間及び一定期間での週平均40時間にも反することとなります。
このように4週4日以上の制度を「変形週休制」と言います。
例示すると第1週目は2日、第2週目1日、第三週目0日、第4週目1日というような休日体制とすることができます。
posted by 労働基準法 at 19:45 | 労働基準法での休憩、休日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。