最低賃金と種類、対象


最低賃金は最低賃金法に基づいて「使用者は、国が定めた最低賃金額以上の賃金を労働者に支払わなければならない」としています。
最低賃金はすべての労働者に適用されるため、最低賃金額に満たない額の賃金しか支払っていない場合は、最低賃金との差額を支払わなくてはなりません。
仮に使用者と労働者の合意に基づく場合でも、その合意部分は無効となり、最低賃金法で定める最低賃金額に満たない差額は賃金の不払いということであり、使用者は労働者に対して、一定期間さかのぼって支払わなくてはなりません

最低賃金には、地域別最低賃金と産業別最低賃金及び労働協約の拡張適用による地域的最低賃金の3種類があります。
1.地域別最低賃金

地域別最低賃金は、産業や職種にかかわりなく、すべての労働者とその使用者に対して適用される最低賃金として、各都道府県ごとに1つずつ、全部で47の最低賃金が定められています。

2.産業別最低賃金

産業別最低賃金は、特定の産業について、関係労使が基幹的労働者を対象として、地域別最低賃金より金額水準の高い最低賃金を定めることが必要と認めるものについて設定されており、各都道府県ごとに全部で249の最低賃金が定められています。

3.労働協約の拡張適用による地域的最低賃金

一定の地域の同種の労働者及び使用者の大部分に賃金の最低額を定めた労働協約が適用されている場合、労使のどちらか一方の申請に基づき、その賃金の最低額がその地域の全ての労働者に拡張して適用される制度です。現在2つの最低賃金が定められています。


最低賃金の対象となるのは、毎月の基本的な賃金と諸手当が対象となりますが、最低賃金の対象から除外されるものは以下の通りです。
  1. 結婚手当、見舞金など臨時に支払われる賃金

  2. 賞与など1ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金

  3. 時間外割増賃金など所定労働時間を超える期間の労働に対して支払われる賃金

  4. 休日割増賃金など所定労働日以外の労働に対して支払われる賃金

  5. 深夜割増賃金など午後10時から午前5時までの間の労働に対して支払われる賃金のうち、通常の労働時間の賃金の計算額を超える部分

  6. 精皆勤手当、通勤手当及び家族手当

  7. 「厚生労働省HP」より抜粋



posted by 労働基準法 at 08:23 | 労働者の賃金
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。