健康診断の種類と健診項目


企業での健康診断には様々な種類がありますが、法令により実施の義務付けがされているのは主に一般健康診断特殊健康診断臨時の健康診断の3つに区分されます。
その中で比較的大半の労働者が受診する一般健康診断は、職場での健康被害への様々な因子の早期発見及び健康状態の把握を目的として、労働者への結果通知と必要な事後措置の実施や保険指導をおこないます。
その結果、必要に応じて医師等の意見に基づき、労働者の健康状態を考慮した労働環境や労働時間などへの措置が講じられます。
一般健康診断は次の種類があります。
  1. 新規雇用などの雇入れ時の健康診断

  2. 年1回定期的におこなう定期健康診断

  3. 半年毎に特定業務(深夜業など)従事者におこなう特定業務従事者の健康診断

  4. 6か月以上海外に派遣される労働者におこなう海外派遣労働者の健康診断

  5. 各種健康診断で結核が発病するおそれのある者におこなう結核健康診断

1.〜3.の健診項目は以下の通りです。
  • 既往歴及び業務歴の調査

  • 自覚症状及び他覚症状の有無の検査

  • 身長、体重、視力、聴力(千ヘルツ及び四千ヘルツの音に係る聴力検査)

  • 胸部エックス線検査、喀痰検査

  • 血圧の測定

  • 貧血検査(血色素量、赤血球数)

  • 肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)

  • 血中脂質検査(血清総コレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)

  • 血糖検査(血中グルコース量またはヘモグロビンA1Cのいずれか)

  • 尿検査(尿中の糖及び蛋白の有無の検査)

  • 心電図検査(安静時心電図検査)

4.の海外派遣労働者の健診項目は以下の通りです。
【派遣時】
  • 胸部画像検査

  • 血液長の尿酸の量の検査

  • B型肝炎ウィルス抗体検査

  • ABO式及びPh式の血液型検査

【帰国時】
  • 胸部画像検査

  • 血液長の尿酸の量の検査

  • B型肝炎ウィルス抗体検査

  • 糞便塗抹検査

5.の結核健康診断は以下通りです。
  • エックス線直接撮影による検査及喀痰検査

  • 聴診、打診その他必要な検査

posted by 労働基準法 at 10:00 | 労働者の健康
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。